2015年2月アーカイブ

FXにおいて、相場の動向を見るためにチャートは欠かせま
せん。
チャートにはいくつかの種類がありますのが、最もよく使わ
れているのが、ローソク足チャートです。
ローソク足チャートは、ローソク足と呼ばれるパーツの組み
合わせで成り立っています。ローソク足の形や並び方を見る
ことによって、相場の流れや勢いをつかむことが出来て、便
利なチャートですから、日本はもとより、世界中でよく利用
されています。
ローソク足は、始値・高値・安値・終値の4つの要素によっ
て構成されています。
始値と終値を上・下辺として四角形が描かれます。これを実
体といいます。終値が始値より高い場合は陽線といい、逆に
終値が始値より低い場合は陰線といいます。陽線と陰線は、
それぞれ違う色で描かれます。色の種類は、ツールによって
違いますが、陽線は白や赤などの明るめの色、陰線は黒や青
などの暗めの色で描かれることが多いです。
ローソク足の対象期間において、高値が始値又は終値より高
かった場合は、四角形の上辺から高値まで、1本の線が引か
れます。これを上ヒゲといいます。逆に、四角形の下辺から
安値まで引かれる線を下ヒゲといいます。上ヒゲや下ヒゲは
相場の状況によって描かれたり描かれなかったりします。
相場の状況によっては、始値と終値が同じになる場合があり
ます。その時は、実体は始値と終値で構成する四角形ではな
く、代わりに終値(=始値)をローソク足の上・下編と同じ
長さの横線で表現します。この横線とヒゲが十字のようにな
りますので、十字線と呼ばれています。十字線は、相場のト
レンドが転換する時によく現れます。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。