好きな曲の奥深さを知る

音楽というか、邦楽を良く聴きます。 自分が好きな音楽だけなので、 そんなに幅広くはないんですけど それでも聴くと 心がじんわりと温かくなったりします。 日常で凹んでいるときなどは YouTubeで好きな音楽を聴きます。 ジャンルも幅広いのでいろんな音楽を聴けますよね。 1990年代の曲も 聴けたりするのでとても懐かしいです。 昔の曲を聴くことで そこからまたファンになったりします。 音楽って歌詞や、いろんな楽器、 シンセサイザーなど いろんな人の手がかかって 1曲を作り上げているんですよね。 作る人のクセも分かるときがあります。 この人はこの曲調が得意なんだなとか こういう歌詞がよく出てくるなとか 見つけたりすると面白いですね。 たまに好きなアーティストの方が レコーディング風景などを 見せてくれるときがあります。 全部はもちろん見せられないですけど こういう風に作っていて、 自分達の元に届くんだなと感動しますね。 しかもレコーディングしているときは サポートの人達と和気あいあいと 作業をしているので、 仲間の協力も必要ですよね。 一人で出来る場合もありますけど その楽器を操る人に作ってもらったら もっとその曲の世界が広がるんですよね。 その感動をファンの私達も感じられて とても音楽が好きに

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2013年5月 4日 03:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パンクやオルタナ寄りのギターといえば」です。

次のブログ記事は「4/24の巨人?DeNAの試合の感想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。