2013年1月アーカイブ

パンクやオルタナ寄りのギターといえば

やっぱりフェンダージャガーやジャズマスターでしょう。
古いですかそうですかすいません。
90年代の洋楽でパンク、オルタナ勢でわかりやすいのだと、ニルヴァーナとかマイブラッディバレンタインです。
カート・コバーンもケヴィン・シールズも愛用していたフェンダー・ジャガーとジャズマスターは外せないギターでしょう。
あのごっつい胴体かつ、ツマミ類が豊富な構造のギターは触ってるだけでも楽しいのではないでしょうか。
というのも90年台当時の僕には買えなかったのです。
当時高校生だった僕のお小遣いでは、せいぜい2万のエレキが関の山でした。
今みたいにネット通販やヤフオクが無かった頃の話です。
何度マイブラのような音色でギターを弾きたかった事かといった感じでした。
そんな訳でマイブラのようなギターの音色が好きでコピーしたい!と思っている方は、ギターはケチらないほうが良いです。
ネットだとケヴィン・シールズが使っていたギターだけではなく、エフェクター、アンプの情報も掲載されています。
素直にパクりましょう。
何だかんだ言って音作りも最初は盗んでOKです。
マイブラも恐らく、ジーザス&メリーチェインの影響を受けているはずですから音作りのためにも、機材を一式揃えるのは勉強にもなりますしおすすめです。
費用がかかる場合は、似たような機材を調べ購入すればそれなりに音は似せられます。
90年代のギターの熱さ、香り、雰囲気、音色、かっこ良さをそのまま取り入れるなら、ジャズマスターかフェンダー・ジャガーを買いましょう。
というか僕が今欲しいです。
今からヤフオクで中古楽器探してきます。
まあ、新品ならば私がいつも使っているショップがあります。
こちらのTaylor、Martin、Collings エレキギター・アコースティックギターなら井上楽器店です。
ここは対応もいいので、オススメできますね。
それでは。


このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。